サンタクロースが煙突からくるのはどうして?不法侵入じゃない?

煙突からサンタクロース社会
煙突からサンタクロースが入ってくる

そもそもサンタクロースは煙突から入ってくるものではないんです。

サンタクロースは子供にプレゼントを配るのに、その家の煙突から入ることになっていますよね。

今は大人の人でも、子供の頃は自宅に煙突がなくて、どうやってサンタクロースが入ってくるのか、サンタクロースは来ないのか、と心配したこともあるはずです。

冷静に考えると、煙突からは入ればヤケドをする可能性もあるし、不法侵入で泥棒と間違われることもあるはずです。

それでも、サンタクロースがあえて煙突から入るのは、サンタのモデルである聖ニコラスをめぐった伝説に由来する、と言われています。

3〜4世紀ごろ、トルコの国にニコラスという司教がいました。

彼の教会の近くには、3人の娘がいる貧しい家庭があって、父親はあまりの生活苦に娘を売ることまで考えていました。

その話を聞きつけたニコラスが、ある夜、家の煙突に数枚の金貨を投げ込むと、その金貨は暖炉に干してあった靴下の中に飛び込んだのです。

娘たちはその金貨のおかげで救われたのです。

この話から、煙突から家に入って、靴下にプレゼントを入れる、というサンタクロースの伝説が生まれたということなんです。

今ではサンタクロースといえば、北の寒い国のフィンランドとかからやってくる、ということになっていますが、煙突から入る伝説は違っていたようです。

サンタクロースが架空だからこそ、いろいろな想像がかきたてられて面白いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました